105円リードケース

 リードケースを作ってみます。中学生や高校生などがもともと付属している3本のケースでは足りなくなってキャンデーの容器に入れていたり5本ケースに7本ぐらい詰め込んだりしているので心配です。安く簡単に作ることをコンセプトにしてみました。


1 今回は化粧品の小分けボトルケースを使ってみます。中身のボトルは旅行用のシャンプー入れにでも転用します。


2 リードを固定するのは発泡ウレタンです。適当な大きさにカットします。


3 さらにカッターでリードが収まる溝を切ります。


4 ケースにはドリルなどで通気用の穴を開けておきます。これを怠るとリードがカビで真っ黒くなるという悲惨な事態がおきます。


5 ケース内に両面テープでウレタンを固定して完成です。実質作業時間は10分ほどです。


6 相変わらず調子に乗ってカラーヴァリエーションも作ってみます。ピンクとラベンダーがありました。中身の活用はどうしたらよいでしょうか(^_^;


7 実はこのケースは元ネタがあります。ファゴッティーノを購入したときに付いてきた3本入りのケースです。マイスターヴォルフの手作りかと思われます。 リードの振動面保護にも薄いウレタンを貼ってあります。今回の105円ケースは通気孔を開けたのとやや全体が厚いので接触はしないということを考えてそこ までは追求しませんでした。


8 柊さんから情報と現物をいただきました。100円ショップの印鑑ケースを改造します。7本入りのケースができました。




9.ファゴット仲間から100均ショップで売っているアルミのカードケースを紹介されました。
市販のファゴットリードケース自作用リボン?を使って作業時間10分ほどで5本入りケースが完成します。






「手作り工房えふわん」に戻る