譜面台用小物置き

ドイツ製の譜面台用小物置きを買いました。結構便利なのですがちょっと高いので自作してみました。(本物の写真は後日掲載予定)


1 今回使用するのは台所用のまな板吊り?金具です。2本セットで850円です。


2 3mmのベニヤを120mm×300mmにカットします。中央部には10mm×80mmに切り込みを入れます。3mmぐらいだと大きめのカッターで充分切れます。


3 まないた吊り金具を当ててみて鉛筆などで印をつけます。


4 千枚通しなどで穴を開けてシンチュウの針金を通して締めて固定します。(どこかで見たような・・・リードの針金の技法でした。)


5 厚さ2mmのコルクシートをカットして接着剤で表面に貼ります。


6 回りの縁にカブセというプラスチック製の材料をはめ込みます。ベニヤが3mmでコルクボードが2mmなので5.5mmの材料を使います。回りの長さに合わせて材料をカットします。


7 角は45度にカットすると良いのですが・・・イマイチ工作精度が(^_^;


8 ネジと金具の部分です。ちょっと金具を曲げて譜面台のポールに合うようにしてみました。


9 一応装着してみた完成品です。ネジと金具で譜面台に固定します。リードケースや水などの小物が置けます。あまり重い物は置かない方が安全です。


10 完成品のバリエーションです。100円ショップ(毎度お馴染み!)で見つけてきた小物トレーを改造しました。作り方は同じです。あらかじめ枠が付いているので一手間省けます。一番右が今回作り方を載せたモノです。左と真ん中は100円ショップトレーです。

「手作り工房えふわん」に戻る