巨大リードの製作

 松本で行われたダブルリードフェスティバルの際に某専門店の展示ブースで巨大なリードのオブジェを見かけました。なんとか真似して製作できるのではと思い立ち作ってみました。


1 材料はバルサ材です。細く切った2ミリ厚のシナ合板を木工用ボンドで貼り付けて表皮を表現してみます。


2 寸法は標準のリードの5倍に設定しました。鉛筆でワイヤーの位置などをマークしておきます。


3 本物と同じように約30分ほど水に付けます。


4 心棒に木の丸棒を使い丸みを付けて行きます。


5 ワイヤーは100均ショップで園芸用に売っている2.5ミリのアルミの色つきワイヤーです。大きいだけで巻き方はいっしょです。第2ワイヤーから巻き始めます。


6 第3ワイヤーまで巻いたら麻ひもで仮糸を巻いて一晩置きます。


7 一晩乾燥したら仮糸をほどき飾り糸を巻きます。今回は細めのビニール縄を巻きます。


8 スプレーで赤く塗ります。この際のポイントはきちんとマスキングをして塗り分けることです。


9 完成品です。通常の並リードと比べてみます。5倍の大きさということは面積比で25倍で体積比は125倍ということです。いきおいで作ってみたものの使い道を考えてませんでした。リード工房の看板とか神棚に挙げてご神体というかリードのご機嫌のお守りとかぐらいしか使い道が考えられませんが・・


「手作り工房えふわん」に戻る