なんちゃってブレストレーナー

●ブレストレーナー(?)を自作してみます!

オーケストラでも吹奏楽でも演奏の基本はブレスコントロールです。ブレストレーニングをする器具は市販されていますが結構値段が高いのが悩みです。 (1個2000円以上するのです!)・・・で窮余の策として身近なモノで自作してしまおうというプロジェクト?ですが・・・材料は100円ショップやホー ムセンターで手に入るものばかりです。実質的な材料費は1個200円以内です。


1 本体の素材です。100円ショップで売っている醤油差しですがいろいろ試行錯誤でトライした結果、工作のし易さとサイズなどの関係でこれが良いのではないかという結論に達しました。もっと良い素材がありましたら教えてください。


2 蓋の部分に穴を4つ開けます。注ぎ口側(^_^;の3つが息が出て行く穴で反対側は吹き込み口になります。材質はプラスチックなので ドリルで開けるのですが電動ドリルだと強力すぎて素材が割れたり刃がすべって危険なのでハンドドリルを使います。この段階では6mmの穴を開けておきま す。

ちなみにハンドドリルとはこのようなものです。ホームセンターや金物屋さんで売ってます。

穴を開け終わった段階です。最近はやりの半透明のパステルカラーがちょっとお洒落!


3 吹き込み口は太さ13mmのビニールホース(厚手のもの)15cmに切断して作ります。今回はピンクのものですが無色のホースもあります。1m200〜300円ぐらいです。


4  蓋と吹き込み口の接続のために太さ11mmのアクリルパイプを2cmに切断します。切断には目の細かいクラフト用のノコギリが便利です。ホームセンターに売ってます。


5 アクリルパイプとビニールホースをつなぎます。ちょっときつめの方が良いのでこのサイズ(11mmのアクリルパイプに13mmのホース)にしました。


6 蓋に開けた6mmの穴をリーマーで大きくします。息がでる穴は2つは少し大きくして1つだけは6mmのままにします。息が出る穴を指で押さえて息の抵抗感を調節できるようにするためです。(本物のブレスビルダーがこうなってますので・・・)

ちなみにリーマーというのは小さな穴を広げる金工用具です。ホームセンターで数百円で買えます。写真ではちょっとわかりにくいですが11mmの穴が開く太さの位置に油性のペンで印をしておくと便利です。


7 各部品を組み立てます。接着剤などは使いませんので吹き込み口の穴が11mmより少し小さめのほうが(コンマ1mmぐらいかな?)良いかもしれません。完成品を並べてみるとちょっと可愛いです!


8 中に入れるのはピンポン玉です。100円ショップだと6個で100円です。初心者にはラージボールといって少し大きめのピンポン玉がスポーツ用品店などで買えますのでそちらのほうが息に無理がかからないかもしれません。


9 最終的に完成したものです。息を吹き込んで中の玉が上に上がってくるのを確認することによりブレスコントロールの練習ができます。あ まり長時間の練習ははお勧めできません。1日5分ぐらいでしょうか?またむやみに息を吹き込むのでなくて玉が上がるのを持続することを基本に圧力のある息 のコントロールの練習をしてみてください。


10 中に入れるボールでさらに良い物を見つけました。ゴルフの練習用ボールです。ピンポン玉より一回りサイズが大きく筒の内径により近いので弱い息のコントロールが楽に練習できます。


11 最近100均ショップでこの記事の醤油入れを見かけなくなりました。製造が中止になり在庫もないそうです。(まさかこの記事で全国の方々が買い占めたわけではないと思いますが(^_^;・・・)
新しいアイテムを見つけました。パウダーポットと書いてあるので調味料(塩とか胡椒)を入れる容器かと思います。なんとすでに穴が開いているので蓋をはずしてチューブを付ける部分の10ミリの穴を1個開けるだけです!



「手作り工房えふわん」に戻る