バランサー  

左手にかかる楽器の重量の負担を減らす為にストラップを掛ける位置を上にずらす装置?がバランサーです。


↑私のYAMAHA用のバランサーです。下の方眼は1cm角です。

↑下の取り付け部分の様子です。

溝に楽器本体のストラップ用のリングを挟み込みます。

↑ブーツジョイントには固定用の穴が追加で開けられてます。

↑取り付けた様子です。

↑装着した全体像です。


自作をされている方がいらっしゃいます!G県のSさんにいただいた画像を掲載し文章を引用します。

アルミのフラットバー(5.0t×15×150)にタップを切りローレットビス?で楽器に取り付けられるようにしてあります。それと楽器に当たる部分にはゴムをつけ、簡単に外れない用に熱収縮チューブで巻いてあります。バランサー製作のポイントは2つの穴の位置決めです。楽器に取り付けるビス穴は 楽器についているリングの中のなるべく外側に開けないと提げたときに遊びが出てしまいます。またストラップを取り付ける穴はその楽器のバランスを上手く取れる位置に開けないとバランサーの意味がなくなります。


リンクさせていただいているm_araiさんのバランサー製作記事もすばらしいです!新作も掲載されました。

http://www009.upp.so-net.ne.jp/m_arai/index.html

↑位置の変化も無段階に調整できる優れモノです!


ファゴットのページに戻る